Google Maps API Documentation GoogleはAPIドキュメンテーションを写像します。 The Google Maps API lets you embed Google Maps in your own web pages. To use the API, you need to sign up for an API key and follow the instructions below. Google Maps APIで、あなたはGoogle Mapsをあなた自身のウェブページに埋め込むことができます。 APIを使用するために、あなたは、APIキーに申し込みをして、以下での指示に従う必要があります。 The API is new, so there may be bugs and slightly less than perfect documentation. Bear with us as we fill in the holes, and join the join the Maps API discussion group to give feedback and discuss the API. APIが新しいので、バグとわずかにあまり完全でないドキュメンテーションがあるかもしれません。 私たちが穴をふさぐとき私たちの話を我慢して聞いて、接合してください、 Maps APIディスカッション・グループに加わって、フィードバックして、APIについて議論してください。 Contents コンテンツ Introduction  ・The "Hello World" of Google Maps  ・Browser Compatibility  ・XHTML and VML  ・API Updates  ・Geocoding, Routing, etc. Examples  ・The Basics  ・Map Movement and Animation  ・Adding Controls to the Map  ・Event Listeners  ・Opening an Info Window  ・Map Overlays  ・Click Handling  ・Display Info Windows Above Markers  ・Creating Icons  ・Using Icon Classes  ・Using XML and Asynchronous RPC ("AJAX") with Maps API Overview  ・The GMap class  ・Events  ・The Info Window  ・Overlays   ・Icons and Markers   ・Polylines  ・Controls  ・XML and RPC Class Reference  ・GMap   ・Constructor   ・Methods    ・Configuration    ・Controls    ・State    ・Overlays    ・Info Window    ・Events  ・GMarker   ・Constructor   ・Methods   ・Events  ・GPolyline   ・Constructor  ・GIcon   ・Constructor   ・Properties  ・GEvent   ・Static Methods  ・GXmlHttp   ・Static Methods  ・GXml   ・Static Methods  ・GXslt   ・Static Methods   ・Methods  ・GPoint   ・Constructor   ・Properties  ・GSize   ・Constructor   ・Properties  ・GBounds   ・Constructor   ・Properties Introduction 序論 The "Hello World" of Google Maps 「こんにちは、世界的である、」、Google地図 The easiest way to start reading about an API is to see a simple example. This web page displays a 300x300 map centered on Palo Alto: APIに関して読み始める最も簡単な方法は簡単な例を見ることです。 このウェブページはパロアルトの中心に置かれた300×300地図を表示します: ---- Google Maps JavaScript API Example - simple
---- You can download this example to edit and play around with it, though you will need to substitute "abcdefg" with your own Maps API key to run the example on your own site. あなたはそれを編集して、いじくり回すためにこの例をダウンロードすることができます、 あなたは、あなた自身の例を実行するために 主要なMaps APIがあなた自身のサイトにある状態で"abcdefg"を代入する必要があるでしょうが。 As you can see in the example above, Google Maps exports a single JavaScript URL (http://maps.google.com/maps?file=api&v=1) that includes all of the symbols you need to create Google Maps on your pages. To use the Google Maps API, you need to include a single script tag pointing to that URL with the key you got when you signed up for the API: お分かりのように例では、上では、Google MapsがあなたがGoogle Mapsをあなたのページに作成するために必要とするシンボルのすべてを含んでいるただ一つのJavaScript URL( http://maps.google.com/maps?file=api&v=1 )をエクスポートします。 Google Maps APIを使用するために、あなたは、 あなたがAPIに申し込みをしたときあなたが手に入れたキーがあるそのURLを示す単一のスクリプトタグを含む必要があります: ---- ---- The main class exported by the Google Maps API is GMap, which represents a single map on the page. You can create as many instances of this class you want (one for each map on the page). A map is embedded in a container, which is typically a div element. Google Maps APIによってエクスポートされた主なクラスはGMapです。(そのGMapはページのただ一つの地図を表します)。 あなたはあなたが欲しいこのクラス(ページの各地図あたり1つ)の同じくらい多くのインスタンスを作成することができます。 地図はコンテナに埋め込まれています。(通常、それは、div要素です)。 The methods for manipulating and adding overlays to map instances are detailed below. インスタンスを写像するためにオーバレイを操って、加えるためのメソッドは以下で詳細です。 Browser Compatibility ブラウザの互換性 Google Maps is not compatible with every web browser. Google Maps currently supports recent versions of Firefox/Mozilla, IE 5.5+, Safari 1.2+, and sort of supports Opera. IE 5.0 is not supported. Since different applications require different behaviors for users with incompatible browsers, the Maps API provides a global method (GBrowserIsCompatible()) to check compatibility, but it does not have any automatic behavior for incompatible browsers. The script http://maps.google.com/maps?file=api&v=1 will parse on almost every browser without errors, so you can safely include the script before checking for compatibility. Google Mapsはすべてのウェブブラウザと互換性がありません。 Google Mapsは現在、ファイヤーフォックス/Mozillaの最近のバージョン、IE5.5+、Safari1.2+をサポートして、 Operaをちょっとサポートします。 IE5.0はサポートされません。 異なったアプリケーションがユーザのために両立しないブラウザで異なった振舞いを必要とするので、 Maps APIはグローバルなメソッドを提供します。 (互換性、しかし、それをチェックするGBrowserIsCompatible())には、 両立しないブラウザのための少しの自動振舞いもありません。 スクリプト http://maps.google.com/maps?file=api&v=1 がほとんどすべてのブラウザの上で誤りなしで分析されるので、 あなたは互換性がないかどうかチェックする前に、安全にスクリプトを入れることができます。 None of the examples in this document besides the one above check for GBrowserIsCompatible(), nor do they print any message for older browsers. Clearly real applications should do something more friendly, but we have omitted these checks to make the examples more readable. 例のいずれもGBrowserIsCompatible()がないかどうか上のもの以外にこのドキュメントでチェックしません、 そして、それらは、より年取ったブラウザのためにどんなメッセージも印刷しません。 明確に、実際のアプリケーションは何かより好意的なことをするべきですが、 私たちは、例をより読み込み可能にするようにこれらのチェックを省略しました。 XHTML and VML XHTMLとVML We recommend that you use standards-compliant XHTML on pages that contain maps. When browsers see the XHTML DOCTYPE at the top of the page, they execute the page in "standards compliant mode," which makes layout and behaviors much more predictable across browsers. 私たちは、あなたが地図を含むページの規格対応することのXHTMLを使用するのを勧めます。 ブラウザがページの上部にXHTML DOCTYPEを見るとき、彼らは「規格対応することのモード」でページを実行します。 (それは、レイアウトと振舞いをブラウザの向こう側にはるかに予測できるようにします)。 Likewise, if you include Polylines on your map, you need to include the VML namespace in your XHTML document for IE browsers. Your HTML document should begin like this 同様に、あなたの地図の上のPolylinesを入れるなら、 あなたは、IEブラウザへのあなたのXHTMLドキュメントにVML名前空間を含む必要があります。 あなたのHTMLドキュメントはこのように始まるはずです。 ---- ---- See Microsoft's VML workshop for more information. 詳しい情報に関してマイクロソフトのVMLワークショップを見てください。 API Updates APIアップデート The URL http://maps.google.com/maps?file=api&v=1 refers to "version 1" of the API. When we do a significant update to the API in the future, we will up the version number and send out a notice on Google Code and the Maps API discussion group. URL http://maps.google.com/maps?file=api&v=1 は「APIのバージョン1インチ」について言及します。 私たちが将来私たちがバージョン番号にそうするつもりであるAPIに重要なアップデートをして、 Google CodeとMaps API議論のときに通知書を送付するとき、分類してください。 We will try to run the old and new version concurrently for about a month, after which the old version will be turned off. 私たちは同時に古くて新しいバージョンをおよそ1カ月走らせようとするでしょう。 (その時、古いバージョンはオフにされたでしょう後)。 The Maps team will transparently update the API with the most recent bug fixes and performance enhancements. These bug fixes should only improve performance and fix bugs, but we may inadvertently break some API clients. Please use the Maps API discussion group to report issues like this. Mapsチームは最新のバグフィックスとパフォーマンス強化で透過的にAPIをアップデートするでしょう。 これらのバグフィックスは、性能を向上させるだけであって、バグを修理するべきですが、 私たちはうっかり何人かのAPIクライアントを調教するかもしれません。 Maps APIディスカッション・グループを使用して、このような問題を報告してください。 Geocoding, Routing, etc. Geocoding、ルート設定など The Google Maps API does not include geocoding or routing services at this time, though there are a number of free geocoders on the Web. Google Maps APIはこのときgeocodingかルーティングサービスを含んでいません、 多くの自由なgeocodersがウェブにありますが。 Examples 例 The Basics 基礎 Creates a map and centers it on Palo Alto. 地図を作成して、パロアルトのそれを中心に置きます。 ---- var map = new GMap(document.getElementById("map")); map.centerAndZoom(new GPoint(-122.141944, 37.441944), 4); ---- 私見  ローカル変数 map を定義、GMAPに入れる引数は決まり文句っぽい  centerAndZoom は語感で「中心点合わせ、ズーム倍率指定」だろう 引数1の Gpoint が位置情報を示す物となっていて、東経,北緯、か  倍率4、だと思うけど、最下位を 0 か 1 にしたときに 4 なのかしら。  Palo Altoはアメリカの地名。 View example (simple.html) http://www.google.com/apis/maps/documentation/simple.html *地図のみ表示されて後は何も無い。ドラッグでぐりぐり可能。 Map Movement and Animation 地図運動とアニメーション The recenterOrPanToLatLng method does a continuous pan if the lat/lng is in the current map viewport, or it does a discrete movement otherwise. 現在の地図ビューポートにlat/lngがあるなら、recenterOrPanToLatLng方法が連続したなべをするか、 またはそうでなければ、それは離散的な運動をします。 ---- var map = new GMap(document.getElementById("map")); map.centerAndZoom(new GPoint(-122.1419, 37.4419), 4); window.setTimeout(function() { map.recenterOrPanToLatLng(new GPoint(-122.1569, 37.4569)); }, 2000); ---- 私見  マップはさっきと変わらないが、2秒後に違う地点に移動する。  recenterOrPanToLatLng 再調整もしくはパン(視点移動)・・・か。  lat/lng ってナニ?  東経 : East longitude 北緯 :North latitude  なので経度、緯度が示されていたら、ということか。  指定した GPoint で示す位置にアニメ移動ってトコか。   View example (animate.html) http://www.google.com/apis/maps/documentation/animate.html *地図のみ、だが、2秒後にずずいっと移動する。  うまくしたら、道順にポイントの切り替えをして案内とか作れるのかしら。 Adding Controls to the Map コントロールを地図に追加します。 You can add controls to the map with the addControl method. In this case, we add the built in GSmallMapControl and GMapTypeControl, which let us pan/zoom the map and switch between Map and Satellite mode. あなたはaddControl方法でコントロールを地図に追加することができます。 この場合、私たちはGSmallMapControlとGMapTypeControlでの組立を加えます。 (GMapTypeControlは地図とスイッチをMapとSatelliteモードの間へ撮影するか、またはズームさせましょう)。 ---- var map = new GMap(document.getElementById("map")); map.addControl(new GSmallMapControl()); map.addControl(new GMapTypeControl()); map.centerAndZoom(new GPoint(-122.141944, 37.441944), 4); ---- 私見  GMapのメソッド addControl に部品を指定し実行するとそれが追加、か。  GSmallMapControl は左上の移動用のやつで  GMapTypeControl は右上の切り替えボタン でしょう。 View example (controls.html) http://www.google.com/apis/maps/documentation/controls.html *地図の左上に十字矢印&ズーム用バー  地図の右上に「マップ」「サテライト」「デュアル」ボタンが追加。 Event Listeners イベントリスナー Event listeners are registered with GEvent.addListener. In this example, we echo the lat/lng of the center of the map after it is dragged or moved by the user. イベントリスナーはGEvent.addListenerに登録されます。 この例では、それがユーザによって引きずられるか、 または動かされた後に私たちは地図のセンターのlat/lngを反響します。 ---- var map = new GMap(document.getElementById("map")); GEvent.addListener(map, "moveend", function() { var center = map.getCenterLatLng(); var latLngStr = '(' + center.y + ', ' + center.x + ')'; document.getElementById("message").innerHTML = latLngStr; }); map.centerAndZoom(new GPoint(-122.141944, 37.441944), 4); ---- 私見  GEvent.addListener にイベント発生後の動作を定義して行くのでしょう。  今回は moveend だから「移動後に」か。  map.getCenterLatLng()は現在の座標を取得、でしょう。  center.y center.x に緯度 経度 が入っているので、それを連結し  HTMLの中にそれを入れる、ってトコか。  document配下のメソッドについては見よう見まねするか。 View example (event.html) http://www.google.com/apis/maps/documentation/event.html *画面の左下に現在の緯度、経度が表示される。  住所はわかんないけど位置情報が欲しい、とか言う時に使用するとよいか。   Opening an Info Window インフォメーションウィンドウを開けます。 Displays an info window that points to the center of the map with a simple "Hello world" message. Info windows are typically opened above markers, but they can be opened anywhere on the map. aが簡単な状態で地図のセンターを示すインフォメーションウィンドウを表示する、 「こんにちは、世界的である、」 メッセージ。 インフォメーションウィンドウはマーカーを超えて通常開けられますが、地図でどこでも彼らを開くことができます。 ---- var map = new GMap(document.getElementById("map")); map.centerAndZoom(new GPoint(-122.141944, 37.441944), 4); map.openInfoWindow(map.getCenterLatLng(), document.createTextNode("Hello world")); ---- 私見  GMap のメソッド openInfoWindow を使うとフキダシが出るようだ。  指定引数は 位置 と 表示文字列 か。  はてなマップとかはイベントに絡めてフキダシを出すようにしているのかな?  フキダシのカスタマイズが気になる・・・後で出ると思うが。 View example (infowindow.html) http://www.google.com/apis/maps/documentation/infowindow.html *地図を開いた時に指定ポイントにフキダシを出して、内部にHello worldを表示している。 Map Overlays 地図オーバレイ Creates 10 random markers and a random polyline to illustrate the use of map overlays. 地図オーバレイの使用を例証するために10人の無作為のマーカーと無作為のpolylineを作成します。 ---- // Center the map on Palo Alto var map = new GMap(document.getElementById("map")); map.addControl(new GSmallMapControl()); map.addControl(new GMapTypeControl()); map.centerAndZoom(new GPoint(-122.141944, 37.441944), 4); // Add 10 random markers in the map viewport using the default icon var bounds = map.getBoundsLatLng(); var width = bounds.maxX - bounds.minX; var height = bounds.maxY - bounds.minY; for (var i = 0; i < 10; i++) { var point = new GPoint(bounds.minX + width * Math.random(), bounds.minY + height * Math.random()); var marker = new GMarker(point); map.addOverlay(marker); } // Add a polyline with 4 random points. Sort the points by longitude so that // the line does not intersect itself. var points = []; for (var i = 0; i < 5; i++) { points.push(new GPoint(bounds.minX + width * Math.random(), bounds.minY + height * Math.random())); } points.sort(function(p1, p2) { return p1.x - p2.x; }); map.addOverlay(new GPolyline(points)); ---- 私見  きましたマーカ。  boundsは領域と言う意味。  map.getBoundsLatLng で取得したインスタンス内の maxX とか minXとかの数値は  現在の表示地図の最大とか最小でしょう。  必ず地図内に10個入るようにしている。  マーカは GMarker で定義され、位置情報を与えて初期化して、  いつものように addOverlay で追加、と。  polyline ? ラインを引くのか。  配列 points に位置情報 GPoint(範囲内ランダム)を入れ、  ソートし、new GPolyline(points) を addOverlay で追加してラインを書いている。  ラインは、道順を示すのに使えそうですね。マラソンコースとかそんなのの。  昔あった、道がキャラクタに見える、見たいなやつの線引きとか、ナスカの地上絵とかでも使える?  なんかのイベントで線を描いたり消したりすれば、なおよし。  線の太さや色が変更できるとよいが、あとで出るか。 View example (overlay.html) http://www.google.com/apis/maps/documentation/overlay.html *画面内に10個のマーカが表示される。多分ランダム。  マーカは画面外に出ることもある。  マーカをクリックしても何も出ない。イベントで定義するのか。  4点のポイントを青紫色のラインで繋げているようだ。 Click Handling 取り扱いをクリックしてください。 When you click the map, we create a new marker at that point. When you click a marker, we remove it from the map. あなたがその時地図をクリックするとき、私たちは新しいマーカーを作成します。 あなたがマーカーをクリックするとき、私たちは地図からそれを取り除きます。 ---- var map = new GMap(document.getElementById("map")); map.addControl(new GSmallMapControl()); map.addControl(new GMapTypeControl()); map.centerAndZoom(new GPoint(-122.141944, 37.441944), 4); GEvent.addListener(map, 'click', function(overlay, point) { if (overlay) { map.removeOverlay(overlay); } else if (point) { map.addOverlay(new GMarker(point)); } }); ---- 私見  イベント「click」時に overlay値 と point値を内部に渡す  overlay値がTRUEだったら(なんのこっちゃ)対象のoverlayを削除、  overlay値がFALSEでpointがTRUEだったらマーカを配置。  (この場合は存在チェックにif文を使用している?   overlayってのはマーカの上にマウスカーソルを移動させると手のアイコンになるやつのこと?)  まあ、まんま真似すればマーカクリック時の処理は出来そう。 View example (click.html) http://www.google.com/apis/maps/documentation/click.html *マップをクリックするとマーカを置いて、マーカをクリックするとマーカを消す。 Display Info Windows Above Markers マーカーの上の表示インフォメーションウィンドウズ In this example, we show a custom info window above each marker by listening to the click event for each marker. We take advantage of function closures to customize the info window content for each marker. この例では、私たちは、各マーカーに関してクリック出来事を聞くことによって、 各マーカーの上のカスタムインフォメーションウィンドウを見せます。 私たちは、各マーカーのためにインフォメーション窓の内容をカスタム設計するのに機能閉鎖を利用します。 ---- // Center the map on Palo Alto var map = new GMap(document.getElementById("map")); map.addControl(new GSmallMapControl()); map.addControl(new GMapTypeControl()); map.centerAndZoom(new GPoint(-122.141944, 37.441944), 4); // Creates a marker whose info window displays the given number function createMarker(point, number) { var marker = new GMarker(point); // Show this marker's index in the info window when it is clicked var html = "Marker #" + number + ""; GEvent.addListener(marker, "click", function() { marker.openInfoWindowHtml(html); }); return marker; } // Add 10 random markers in the map viewport var bounds = map.getBoundsLatLng(); var width = bounds.maxX - bounds.minX; var height = bounds.maxY - bounds.minY; for (var i = 0; i < 10; i++) { var point = new GPoint(bounds.minX + width * Math.random(), bounds.minY + height * Math.random()); var marker = createMarker(point, i + 1); map.addOverlay(marker); } ---- 私見  「インフォメーションウィンドウが与えられた数を表示するマーカーを作成します。」  今回のキモは10個のランダムポイントマーカ作成時に呼ばれる createMarker 関数だろう。  引数には位置情報と for文でくるくるされている値。  「それがいつクリックされるかをインフォメーションウィンドウのこのマーカーのインデックスに示してください。」  イベントの追加、該当マーカクリックした時にフキダシ(内部はHTML)を表示。   marker.openInfoWindowHtml で 文字列に定義してある文をHTMLとして解釈して表示できるのだろう。  ここのHTML内部にくるくる値が太字で入る。  HTML使えるってことはフキダシの中でフレーム切ったりテーブル表示したりできるのかしら。今度実験。 View example (markerinfowindow.html) http://www.google.com/apis/maps/documentation/markerinfowindow.html *画面上にマーカが10個表示され、  マーカをクリックするとそのマーカの通し番号がフキダシで表示される。 Creating Icons アイコンを作成します。 Creates a new type of icon, using the Google Ride Finder "mini" markers as an example. We have to specify the foreground image, the shadow image, and the points at which we anchor the icon to the map and anchor the info window to the icon. 例としてGoogle Ride Finder「ミニ」マーカーを使用して、新しいタイプのアイコンを作成します。 私たちはフォアグラウンド画像、影のイメージ、およびアイコンを地図に据えつけて、 インフォメーションウィンドウをアイコンに据えつけるポイントを指定しなければなりません。 ---- // Create our "tiny" marker icon var icon = new GIcon(); icon.image = "http://labs.google.com/ridefinder/images/mm_20_red.png"; icon.shadow = "http://labs.google.com/ridefinder/images/mm_20_shadow.png"; icon.iconSize = new GSize(12, 20); icon.shadowSize = new GSize(22, 20); icon.iconAnchor = new GPoint(6, 20); icon.infoWindowAnchor = new GPoint(5, 1); // Center the map on Palo Alto var map = new GMap(document.getElementById("map")); map.addControl(new GSmallMapControl()); map.addControl(new GMapTypeControl()); map.centerAndZoom(new GPoint(-122.141944, 37.441944), 4); // Creates one of our tiny markers at the given point function createMarker(point) { var marker = new GMarker(point, icon); map.addOverlay(marker); GEvent.addListener(marker, "click", function() { marker.openInfoWindowHtml("You clicked me!"); }); } // Place the icons randomly in the map viewport var bounds = map.getBoundsLatLng(); var width = bounds.maxX - bounds.minX; var height = bounds.maxY - bounds.minY; for (var i = 0; i < 10; i++) { createMarker(new GPoint(bounds.minX + width * Math.random(), bounds.minY + height * Math.random())); } ---- 私見  GIcon でアイコンの定義か。  イメージ指定、影画像指定(影も画像か・・・画像の輪郭と違う影というのもおもしろげ)、  PNGイメージ推奨?  影がいらないときは設定しないだけでいいのかな・・・? <= 後で確かめる  GSize で画像の表示の大きさ指定か。画像の大きさと同じになるようにすべきか。圧縮するとたいてい汚くなるので。  iconAnchor って言うのは緯度経度のポイントを示す地点か。(Anchor = アンカー)  下を指す以外に上左右の矢印のアイコンも作れるってことだ。他のサイトとの見た目の違いの演出にはよさげ。  infoWindowAnchor はフキダシの先を指すポイントですね。  あとはマーカ作成時の引数に、定義したアイコンを設定すればOKっと。 View example (icon.html) http://www.google.com/apis/maps/documentation/icon.html *アイコンの画像が変わった!  一番欲しかった機能だ。  マーカをクリックするとフキダシに「あなたは私をクリックしたよ」と表示される。 Using Icon Classes アイコンのクラスを使用します。 In many cases, your icons may have different foregrounds, but the same shape and shadow. The easiest way to achieve this behavior is to use the copy constructor for the GIcon class, which copies all the properties over to a new icon which you can then customize. 多くの場合、あなたのアイコンには、異なったフォアグランドにもかかわらず、同じ形と影があるかもしれません。 この振舞いを達成する最も簡単な方法はGIconのクラスにコピー建設者を使用することです。 (それは、次にあなたがカスタム設計することができる新しいアイコンへのすべての特性をコピーします)。 ---- // Create a base icon for all of our markers that specifies the shadow, icon // dimensions, etc. var baseIcon = new GIcon(); baseIcon.shadow = "http://www.google.com/mapfiles/shadow50.png"; baseIcon.iconSize = new GSize(20, 34); baseIcon.shadowSize = new GSize(37, 34); baseIcon.iconAnchor = new GPoint(9, 34); baseIcon.infoWindowAnchor = new GPoint(9, 2); baseIcon.infoShadowAnchor = new GPoint(18, 25); // Center the map on Palo Alto var map = new GMap(document.getElementById("map")); map.addControl(new GSmallMapControl()); map.addControl(new GMapTypeControl()); map.centerAndZoom(new GPoint(-122.141944, 37.441944), 4); // Creates a marker whose info window displays the letter corresponding to // the given index function createMarker(point, index) { // Create a lettered icon for this point using our icon class from above var letter = String.fromCharCode("A".charCodeAt(0) + index); var icon = new GIcon(baseIcon); icon.image = "http://www.google.com/mapfiles/marker" + letter + ".png"; var marker = new GMarker(point, icon); // Show this marker's index in the info window when it is clicked var html = "Marker " + letter + ""; GEvent.addListener(marker, "click", function() { marker.openInfoWindowHtml(html); }); return marker; } // Add 10 random markers in the map viewport var bounds = map.getBoundsLatLng(); var width = bounds.maxX - bounds.minX; var height = bounds.maxY - bounds.minY; for (var i = 0; i < 10; i++) { var point = new GPoint(bounds.minX + width * Math.random(), bounds.minY + height * Math.random()); var marker = createMarker(point, i); map.addOverlay(marker); } ---- 私見  「インフォメーションウィンドウが与えられたインデックスに対応する手紙を表示するマーカーを作成します。」  ああ、なんだ、Google側で用意されているアイコンがあるんだ。  キャラコードAから、くるくる値分の値を足して、それをPNG画像のアドレス値に入れているだけ。  プログラムの用法として参考することがあるだろう。  ベースを作っておいて、後から画像のみ入れている。アイコンを複数使うときに多少、面倒でなくなる。   View example (iconclass.html) http://www.google.com/apis/maps/documentation/iconclass.html *マーカに記号を付与している。  クリックするとその記号をくりっくしたよ、とフキダシが出る。 Using XML and Asynchronous RPC ("AJAX") with Maps 地図があるXMLと非同期なRPC(「アイアス」)を使用します。 In this example, we download a static file ("data.xml") that contains a list of lat/lng coordinates in XML. When the download completes, we parse the XML and create a marker at each of those lat/lngs. この例では、私たちはXMLにlat/lng座標のリストを含む静的なファイル("data.xml")をダウンロードします。 いつ、ダウンロードが完成するか、私たちは、XMLを分析して、それぞれのもののマーカーのためにlat/lngsを作成します。 ---- // Center the map on Palo Alto var map = new GMap(document.getElementById("map")); map.addControl(new GSmallMapControl()); map.addControl(new GMapTypeControl()); map.centerAndZoom(new GPoint(-122.141944, 37.441944), 4); // Download the data in data.xml and load it on the map. The format we // expect is: // // // // var request = GXmlHttp.create(); request.open("GET", "data.xml", true); request.onreadystatechange = function() { if (request.readyState == 4) { var xmlDoc = request.responseXML; var markers = xmlDoc.documentElement.getElementsByTagName("marker"); for (var i = 0; i < markers.length; i++) { var point = new GPoint(parseFloat(markers[i].getAttribute("lng")), parseFloat(markers[i].getAttribute("lat"))); var marker = new GMarker(point); map.addOverlay(marker); } } } request.send(null); ---- View example (async.html) http://www.google.com/apis/maps/documentation/async.html *よくわからんが、外部ファイルのdata.xmlを呼んで、それからマップデータ展開してる?  xmlは触ったことが無いので、これからも触らないだろうから、知識の片隅に入れておく。 API Overview API概観 The GMap class GMapのクラス An instance of GMap represents a single map on the page. You can create as many instances of this class you want (one for each map on the page). A map is embedded in a container, which is typically a div element. Unless you specify a size explicitly, the map will use the size of the container to determine its size. GMapの例はページのただ一つの地図を表します。 あなたはあなたが欲しいこのクラス(ページの各地図あたり1つ)の同じくらい多くの例を作成することができます。 地図は容器に埋め込まれています。(通常、それは、div要素です)。 あなたが明らかにサイズを指定しないと、地図は、サイズを決定するのに容器のサイズを使用するでしょう。 * サイズ指定しないと勝手にサイズが決まるってことか The GMap class exports methods to manipulate the map position (center and zoom level) and add and remove overlays (e.g., GMarker and GPolyline instances). It also exports a method to open an "info window," which is the popup window you see on Google Maps and Google Local. The map has a single info window, so only one window can be open at a given time. GMapのクラスはオーバレイ(例えば、GMarkerとGPolyline例)を地図位置(レベルを中心に置いて、ズームさせる)を操って、 加えて、取り除く方法を輸出します。 また、それは「インフォメーションウィンドウ」を開く方法を輸出します。 (それは、あなたがGoogle MapsとGoogle Localで見るポップアップウィンドウです)。 地図には単一のインフォメーションウィンドウがあるので、1つの窓だけが一時に開いている場合があります。 * フキダシは、画面に一個しか現出できない? See the GMap class reference for more information. 詳しい情報のGMapクラス参照を見てください。 Events イベント You can add dynamic elements to your application using event listeners. An object exports a number of named events, and your application can "listen" to those events using the static methods GEvent.addListener or GEvent.bind. For example, this code snippet shows an alert every time the user clicks on the map: あなたは、イベントリスナーを使用することでダイナミックな要素をアプリケーションに追加することができます。 オブジェクトは多くの命名されたイベントをエクスポートします、そして、あなたのアプリケーションは静的なメソッドGEvent.addListenerかGEvent.bindを使用することでそれらのイベントを「聴くことができます」。 例えば、ユーザが地図をクリックするときはいつも、このコード切れ端は警戒を示します: ---- var map = new GMap(document.getElementById("map")); GEvent.addListener(map, "click", function() { alert("You clicked the map"); }); ----  私見:地図をクリックするとJavaScriptのアラートメッセージを出力。     なんかの変動値を確認する時に便利そう。 GEvent.addListener takes a function as the third argument, which promotes the use of function closures for event handlers. If you want to bind an event to a class method, you can use GEvent.bind. For example: GEvent.addListenerは3番目の議論として機能をみなします。 (それは、イベントハンドラのための機能閉鎖の使用を促進します)。 クラスメソッドにイベントを縛りたいなら、あなたはGEvent.bindを使用することができます。 例えば: ---- function MyApplication() { this.counter = 0; this.map = new GMap(document.getElementById("map")); GEvent.bind(this.map, "click", this, this.onMapClick); } MyApplication.prototype.onMapClick() { this.counter++; alert("You have clicked the map " + this.counter + this.counter == 1 ?" time.":" times."); } var application = new MyApplication(); ----  私見:クリックするたんびに表示するアラート中の番号がインクリメント The Info Window インフォメーションウィンドウ The Map class has a single "info window," which displays HTML content in a floating window above the map. Mapのクラスには、単一の「インフォメーションウィンドウ」があります。 (それは、地図の上の浮いている窓にHTML内容を表示します)。 The basic info window method is openInfoWindow, which takes a point and an HTML DOM element as an argument. The HTML DOM element is appended to the info window container, and the info window is displayed over the given point. 基本的なインフォメーション窓の方法はopenInfoWindowです。 (そのopenInfoWindowは議論としてポイントとHTML DOM要素をみなします)。 HTML DOM要素をインフォメーションウィンドウ容器に追加します、 そして、与えられたポイントの上にインフォメーションウィンドウを表示します。 openInfoWindowHtml is similar, but it takes an HTML string as an argument rather than a DOM element. openInfoWindowXslt takes in an XML DOM element and the URL of an XSLT document to produce the info window contents, downloading the XSLT asynchronously if it has not already been downloaded by the user's browser. openInfoWindowHtmlは同様ですが、それはDOM要素よりむしろ議論としてHTMLストリングをみなします。 openInfoWindowXsltはインフォメーション窓のコンテンツを生産するためにXML DOM要素とXSLTドキュメントのURLを中に入れます、 それがユーザのブラウザによって既にダウンロードされていないならXSLTを非同期にダウンロードして。 To display an info window above an overlay like a marker, you can pass an optional third argument that gives a pixel offset between the lat/lng point passed in and the tip of the info window. So, if your marker was 10 pixels tall, you would pass the pixel offset GSize(0, -10). マーカーのようなオーバレイの上にインフォメーションウィンドウを表示するために、あなたはピクセル・オフセットをポイントが通ったlat/lngとインフォメーションウィンドウの先の間に与える3番目の任意の議論を通過することができます。 したがって、あなたのマーカーが10高さ画素であるなら、あなたはピクセル・オフセットGSize(0、-10)を渡すでしょうに。 The GMarker class exports openInfoWindow methods that handle the pixel offset issues for you based on the size and shape of the icon, so you will generally not have to worry about calculating icon offsets in your application. GMarkerのクラスがアイコンの大きさ形状に基づいてあなたのためにピクセル・オフセット問題を扱うopenInfoWindow方法を輸出するので、あなたは一般にあなたのアプリケーションにおける計算のアイコンオフセットを心配する必要はないでしょう。 Overlays オーバレイ Overlays are objects on the map that are tied to lat/lng coordinates, so they move when you drag/zoom the map around and when you switch projections (e.g., switch from Map to Satellite mode). オーバレイは地図の上のlat/lng座標に結ばれる物です、あなたが地図を引きずるか、または周囲でズームさせるとき、 それらが動いて、あなたが映像を切り換えると(例えば、MapからSatelliteモードに切り替わってください)。 The Maps API exports two types of overlays: markers, which are icons on the map, and polylines, which are lines made up of lat/lng coordinates. Maps APIは2つのタイプのオーバレイを輸出します: マーカー、どれが地図の上のアイコンであるか、そして、およびpolylines(線である)はlat/lng座標を仲直りさせました。 Icons and Markers アイコンとマーカー The GMarker constructor takes an icon and a point as arguments and exports a small set of events like "click". See the overlay.html example above for a simple example of creating markers. GMarker建設者は議論と輸出として「クリック」のような小さいセットの出来事をアイコンとポイントみなします。 マーカーを作成する簡単な例において、overlay.htmlの例が上であることを見てください。 http://www.google.com/apis/maps/documentation/overlay.html The most difficult part of creating a marker is specifying the icon, which is complex because of the number of different images that make up a single icon in the Maps API. マーカーを作成する最も難しい部分はアイコンを指定しています。 (それは、Maps APIに単一のアイコンを作る異なったイメージの数のために複雑です)。 Every icon has (at least) a foreground image and a shadow image. The shadow should be created at a 45 degree angle from the foreground image, and the bottom left corner of the shadow image should align with the bottom-left corner of the icon foreground image. The shadow should be a 24-bit PNG images with alpha transparency so that the edges of the shadow look correct on top of the map. あらゆるアイコンには、(少なくとも)フォアグラウンド画像と影のイメージがあります。 影は45角度で影のイメージの左隅がアイコンフォアグラウンド画像の下部左隅に並べるべきであるフォアグラウンド画像、 および下部から引き起こされるべきです。 影がアルファ透明がある24ビットのPNGイメージであるべきであるので、影の縁は地図の上で正しく見えます。 私見: アイコンには24ビットPNGを使えってことか。 こういう影の画像にしましょうねって言ってる・・・影いらねーのに The GIcon class requires you specify the size of these images when you initialize the icon so the Maps API can create image elements of the appropriate size. This is the minimum amount of code required to specify an icon (in this case, the icon used on Google Maps): GIconのクラスが必要です。 Maps APIが適切なサイズのイメージ要素を作成することができるように あなたがアイコンを初期化するこれらのイメージのサイズを指定してください。 これはアイコンを指定するのに必要である最小の量のコード(この場合、アイコンはGoogleにMapsを使用した)です: ---- var icon = new GIcon(); icon.image = "http://www.google.com/mapfiles/marker.png"; icon.shadow = "http://www.google.com/mapfiles/shadow50.png"; icon.iconSize = new GSize(20, 34); icon.shadowSize = new GSize(37, 34); ---- The GIcon class exports 7 more properties that you should set to get maximum browser compatibility and functionality from your icons. For example, the imageMap property specifies the shape of the non-transparent parts of the icon image. If you do not set this property in your icon, the entire icon image (including the transparent parts) will be clickable in Firefox/Mozilla. See the GIcon class reference for more information. GIconのクラスはあなたがあなたのアイコンから 最大のブラウザの互換性と機能性を得るように設定するべきであるもう7つの資産を輸出します。 例えば、imageMapの特性はアイコンイメージの非透過の部品の形を指定します。 あなたがアイコンにこの特性をはめ込まないと、 全体のアイコンイメージ(透明な部分を含んでいる)はファイヤーフォックス/Mozillaでクリック可能になるでしょう。 詳しい情報のGIconクラス参照を見てください。 Polylines Polylines The GPolyline constructor takes an array of lat/lng points as an argument. You can also specify the color, weight, and opacity. The color should be in the older HTML style, e.g., "#ff0000". GPolyline does not understand named colors. For example, this creates a 10 pixel, red polyline between two points: GPolyline建設者は議論としてlat/lngポイントのアレイをみなします。 また、あなたは色、重さ、および不透明を指定することができます。 「より古いHTMLスタイルには色が例えばそうあるべきであり」#ff0000"。 GPolylineは命名された色を理解していません。 例えば、これは2ポイントの間で10画素、赤のpolylineを作成します: ---- var polyline = new GPolyline([new GPoint(-122.1419, 37.4419), new GPoint(-122.1519, 37.4519)], "#ff0000", 10); map.addOverlay(polyline); ---- 私見:ああ、線のポイント数と色を指定できるのね。 チェックボックスによってアーケード部の視覚化をOn/Offできるようにする、のができるね。 現在のフォーカスの深さによって太さを変えるとかできるのかな? イベントでフォーカス変更とか検知できるのなら、グローバル変数(varを冠さない)に深度をいれる、か? 現在の深度が簡単に取れればよいけど・・・ In Internet Explorer browser, we use VML to draw polylines. On all other browsers, we request an image of the line from Google servers and overlay that image on the map, refreshing the image as necessary as the map is zoomed and dragged around. インターネット・エクスプローラーブラウザでは、私たちは、polylinesを描くのにVMLを使用します。 他のすべてのブラウザの上では、私たちは、Googleサーバから線のイメージを要求して、 地図がズームするので必要な同じくらいイメージをリフレッシュして、地図の上でそのイメージをかぶせて、 周囲でドラッギングしました。 私見:む?これだと勝手にどの深度でも同じ太さで書かれてしまうような Controls コントロール Controls are added with the addControl method. The Maps API comes with a handful of built-in controls you can use in your maps: コントロールはaddControlメソッドで加えられます。 Maps APIはあなたが地図で使用することができる一握りの自動制御で来ます: ・GLargeMapControl - a large pan/zoom control used on Google Maps 大きいなべ/ズームコントロールはGoogleにMapsを使用しました ・GSmallMapControl - a smaller pan/zoom control used on Google Local より小さいなべ/ズームコントロールはGoogleにLocalを使用しました ・GSmallZoomControl - a small zoom control (no panning controls) used in the small map blowup windows used to display driving directions steps on Google Maps 小さい地図爆発ウィンドウで使用される小さいズームコントロール(コントロールを撮影しない)は、 以前は指示ステップを努力させながら、よく表示していました。 ・GMapTypeControl - lets you toggle between map types (e.g., Map and Satellite) Google Mapsあなたに地図タイプ(例えば、MapとSatellite)の間で切り換えさせます。 For example, to add the panning/zooming control you see on Google Maps to your map, you would include the following line in your map initialization: 例えば、撮影/ズームコントロールを加えるために、あなたはGoogle Mapsで地図に見て、 地図初期化で以下の系列を入れるでしょう: ---- map.addControl(new GLargeMapControl()); ---- 私見:まあ、左上のいつものアレ、で通じると思うが。 The control will be attached to top-left corner of the map just like it is on Google Maps. それがまさしくGoogle Mapsにあるようにコントロールは地図の先端による左の角に取り付けられるでしょう。 XML and RPC The Google Maps API exports a factory method for creating XmlHttpRequest objects that work in recent versions of IE, Firefox, and Safari. For example, Google Maps APIは、IEの最近のバージョン、ファイヤーフォックス、 およびSafariでXmlHttpRequestオブジェクトを作成するための工場のメソッドがその働きであるとエクスポートします。 例えば ---- var request = GXmlHttp.create(); request.open('GET', "myfile.txt", true); request.onreadystatechange = function() { if (request.readyState == 4) { alert(request.responseText); } } request.send(null); ---- You can parse an XML document with the static method GXml.parse, which takes a string of XML as its only argument. This method is compatible with all browsers, falling back on a JavaScript XML parser if no native XML parsing facilities are available on the browser. We make no guarantees as to the performance or correctness of this "fallback" parser. あなたは静的なメソッドGXml.parseがあるXMLドキュメントを分析することができます。 (GXml.parseは唯一の議論としてXMLのストリングをみなします)。 このメソッドはすべてのブラウザと互換性があります、どんなネイティブのXML構文解析施設もブラウザで利用可能でないなら JavaScript XMLパーサの上に後ろへ下がって。 私たちはこの「後退」パーサの性能か正当性に関して保証を全くしません。 Note that the Google Maps API does not require the use of XML or XmlHttpRequest to function, as it is a pure JavaScript/DHTML API. Google Maps APIが、XMLかXmlHttpRequestの使用が機能するのを必要としないのに注意してください、 それが純粋なJavaScript/DHTML APIであるので。 私見: 互換性を気にするならXML使えってことか? -------------------- Class Reference クラス参照 ---------- GMap An instance of GMap represents a single map on the page. See the discussion above for more information. GMapの例はページのただ一つの地図を表します。 詳しい情報において、議論が上であることを見てください。 Constructor Constructor GMap(container, mapTypes?, width?, height?) Description Creates a new map inside of the given HTML container, which is typically a div element. We use the default set of map types ([G_MAP_TYPE, G_SATELLITE_TYPE]) unless a different set is specified. Likewise, we use the size of the container to determine the map width and height unless a width and height are explicitly specified. 与えられたHTML容器の新しい地図内部を作成します。(通常、容器はdiv要素です)。 異なったセットが指定されない場合、私たちは地図タイプ(__G MAP_TYPE、G SATELLITE_TYPE)のデフォルトセットを使用します。 同様に、幅と高さが明らかに指定されない場合、私たちは、地図幅と高さを測定するのに容器のサイズを使用します。 Methods Configuration Method Description enableDragging() Enables dynamic dragging (enabled by default)             ダイナミックなドラッギングを可能にします。(デフォルトで可能にされます) disableDragging() Disables dynamic dragging ダイナミックなドラッギングを無能にします。 draggingEnabled() Returns true if dynamic dragging is enabled 本当に、動力ドラッギングが可能にされるなら、戻ります。 (ドラッグ可能時True返却) enableInfoWindow() Enables the popup info windows on this map (enabled by default)             この地図の上のポップアップインフォメーションウィンドウを可能にします。(デフォルトで可能にされます) disableInfoWindow() Disables the popup info windows on this map             この地図の上のポップアップインフォメーションウィンドウを無能にします。 infoWindowEnabled() Returns true if the popup info windows are enabled on this map             本当に、ポップアップインフォメーションウィンドウがこの地図で可能にされるなら、戻ります。             (ポップアップが出せるならばTrueを返す) Controls addControl(control) Adds the given map control to this map             与えられた地図コントロールをこの地図に追加します。 removeControl(control) Removes the given map control from this map             この地図から与えられた地図コントロールを取り除きます。             私見:おお、取り除けるんだ。動的な追加/削除もOKか。 State Method Description getCenterLatLng() Returns the center point of the map viewport in lat/lng coordinates             lat/lng座標の地図ビューポートのセンターポイントを返します。             (現在の中心点の座標を返す) getBoundsLatLng() Returns the lat/lng bounds of the map viewport             地図ビューポートのlat/lng領域を返します。             (表示中の地図の緯度経度の範囲を返却) getSpanLatLng() Returns the width and height of the map viewport in latitude/longitude ticks             緯度/経度カチカチする音における、地図ビューポートの幅と高さを返します。             (地図の幅を返却) getZoomLevel() Returns the integer zoom level of the map             地図の整数ズームレベルを返します。         (私見:なんだ、楽に取得できるじゃないか) centerAtLatLng(latLng) Centers the map at the given lat/lng GPoint             与えられたlat/lng GPointの地図を中心に置きます。             (ぱっと移動、多分。) recenterOrPanToLatLng(latLng) Centers the map at the given lat/lng GPoint, doing a fluid pan to the GPoint if it is within the current map viewport             現在の地図ビューポートの中にそれがあるならGPointに流体なべをして、             与えられたlat/lng GPointの地図を中心に置きます。             (パンして移動) zoomTo(zoomLevel) Zooms to the given integer zoom level, ignoring the request if the given zoom level is outside the bounds of the current map type             与えられた整数へのズームはレベルをズームさせます、             現在の地図タイプの領域の外に与えられたズームレベルがあるなら要求を無視して             (ズームレベルを内部で変更) centerAndZoom(latLng, zoomLevel) Atomically centers and zooms the map. Useful to initialize the map with an initial center and zoom level, as in the examples above.             地図を原子論的に中心に置いて、ズームさせます。             上の例のような初期のセンターがある地図を初期化するために役に立つのとズームレベル。             (緯度経度を用いたズームレベル変更) getMapTypes() Returns an array of map types supported by this map (e.g., G_MAP_TYPE and G_SATELLITE_TYPE)            この地図によって支持された地図タイプのアレイを返します。             (例えば、G_地図_タイプとG_衛星_タイプ)             (地図画像かサテライトかの判断か。戻り値は例のやつが返るのだろうか。) getCurrentMapType() Returns the map type currently in use (e.g., G_MAP_TYPE or G_SATELLITE_TYPE)             現在使用中のタイプを地図に返します。(例えば、G_地図_タイプかG_衛星_タイプ) setMapType(mapType) Switches this map to the given map type (e.g., G_MAP_TYPE or G_SATELLITE_TYPE)             この地図を与えられた地図タイプに切り換えます。(例えば、G_地図_タイプかG_衛星_タイプ)             (複合のやつは?) Overlays Method Description addOverlay(overlay) Adds the given overlay object (e.g., GMarker or GPolyline) to the map             与えられたオーバレイオブジェクト(例えば、GMarkerかGPolyline)を地図に追加します。 removeOverlay(overlay) Removes the given overlay object from the map             地図から与えられたオーバレイオブジェクトを取り除きます。 clearOverlays() Removes all of the overlays from the map             地図からオーバレイのすべてを取り除きます。 Info Window Method Description openInfoWindow(latLng, htmlElem, pixelOffset?, onOpenFn?, onCloseFn?) Displays the info window with the given HTML content at the given lat/lng point. htmlElem should be an HTML DOM element. If pixelOffset (GSize) is given, we offset the info window by that number of pixels, which lets users place info windows above markers and other overlays. If onOpenFn is given, we call the function when the window is displayed, and we call onCloseFn when the window is closed. 当然のことのHTML内容がポイントhtmlElemがHTML DOM要素であるべきであるという当然のことのlat/lngにある状態で、 インフォメーションウィンドウを表示します。 pixelOffset(GSize)を与えるなら、そのピクセル数に応じて、私たちはインフォメーションウィンドウを相殺します。 (ユーザはそれで、インフォメーションウィンドウをマーカーと他のオーバレイの上に置くことができます)。 窓を表示して、窓が閉じられるときonCloseFnと呼ぶとき、onOpenFnを与えるなら、私たちは機能を呼びます。 フキダシイベント(定義する?) 開いた時 onOpenFn 閉じた時 onCloseFn openInfoWindowHtml(marker, htmlStr, pixelOffset?, onOpenFn?, onCloseFn?) Like openInfoWindow, but takes an HTML string rather than an HTML DOM element openInfoWindowが好きですが、HTML DOM要素よりむしろHTMLストリングを取ります。 (フキダシ内にHTML表示) openInfoWindowXslt(marker, xmlElem, xsltUri, pixelOffset?, onOpenFn?, onCloseFn?) Like openInfoWindow, but takes an XML element and the URI of an XSLT document to produce the content of the info window. The first time a URI is given, it is downloaded with GXmlHttp and subsequently cached. openInfoWindowが好きですが、 インフォメーションウィンドウの内容を作り出すためにXML要素とXSLTドキュメントのURIを取ります。 URIが初めて与えられるとき、それをGXmlHttpと共にダウンロードして、次に、キャッシュします。 (openInfoWindowと同様だが、XMLを使う、でよい?) showMapBlowup(point, zoomLevel?, mapType?, pixelOffset?, onOpenFn?, onCloseFn?)) Shows a blowup of the map at the given lat/lng GPoint. We use a default zoom level of 1 and the current map type if the zoomLevel and mapType parameters are not given. 与えられたlat/lng GPointに地図の爆発を示します。 zoomLevelとmapTypeパラメタを与えないなら、私たちは1のデフォルトズームレベルと現在の地図タイプを使用します。 closeInfoWindow() Closes the info window if it is open             それが開くなら、インフォメーションウィンドウを閉じます。 Events イベント達 Event Arguments Description click overlay, point Triggered when the user clicks on the map or on an overlay on the map. If the click was on an overlay, the overlay is passed as an argument to the event handler. Otheriwse, we pass in the lat/lng point that was clicked on the map.ユーザが地図の上を地図の上、または、オーバレイの上をクリックすると、引き起こされます。 クリックがオーバレイにあったなら、オーバレイは議論としてイベントハンドラに通過されます。 さもなければ、私たちは地図の上をクリックされたlat/lngポイントを通ります。 (「Otheriwse」は「Otherwise」の誤字。しっかりしてくれGoogle) move none Triggered when the map is moving. This event is triggered continuously as the map is dragged. 地図が動いているとき、引き起こされます。 地図が引きずられるのに従って、この出来事は絶え間なく引き起こされます。 movestart none Triggered at the beginning of a continuous pan/drag movement. This event is not triggered when the map moves discretely. 連続したなべ/抗力の運動の始めに引き起こされます。 地図が別々に動くとき、この出来事は引き起こされません。 (パン/ドラッグ時の開始時のイベント。パン->フライパン->ナベって・・・) moveend none Triggered at the end of a discrete or continuous map movement. This event is triggered once at the end of a continuous pan. 離散的であるか連続した地図運動の終わりに引き起こされます。 この出来事は連続したなべの端で一度引き起こされます。 (パン終了時のイベント。) zoom oldZoomLevel, newZoomLevel Triggered after the map zoom level changes 地図ズームレベルが変化した後に引き起こされます。 maptypechanged none Triggered after the map type (e.g., Map or Satellite) changes 地図タイプ(例えば、MapかSatellite)が変化した後に引き起こされます。 infowindowopen none Triggered after the info window is displayed インフォメーションウィンドウを表示した後に引き起こします。 infowindowclose none Triggered after the info window is closed インフォメーションウィンドウが閉じるようになった後に引き起こされます。 addoverlay overlay Triggered after an overlay is added to the map オーバレイが地図に追加された後に引き起こされます。 removeoverlay overlay Triggered after an overlay is removed from the map. Not triggered if clearOverlays is called -- see the clearoverlays event below. 地図からオーバレイを取り除いた後に引き起こします。 --clearOverlaysが呼ばれるなら引き起こされないで、以下のclearoverlays出来事を見てください。 clearoverlays none Triggered after all overlays are cleared from the map すべてのオーバレイが地図からクリアされた後に引き起こされます。 ---------- GMarker GMarker is a type of map overlay that shows an icon at a single point on the map. The constructor takes an instance of GIcon, which can be shared among many markers, and the point at which it should be displayed. GMarker also includes some convenience methods to open info windows over the marker, which is common for Google Maps hacks. GMarkerは地図の1ポイントにアイコンを見せる一種の地図オーバレイです。 建設者はGIconの例とそれが表示されるべきであるポイントを取ります。 (多くのマーカーの中で例を共有することができます)。 また、GMarkerはマーカーの上でインフォメーションウィンドウを開けるいくつかの便利方法を含んでいます。 Google Mapsハッキングに、そのマーカーは、一般的です。 Constructor Constructor Description GMarker(point, icon?) Creates a marker with the given icon at the given point. If no icon is given, we use the default Google Maps icon. 与えられたアイコンが与えられたポイントにある状態で、マーカーを作成します。 アイコンを全く与えないなら、私たちはデフォルトGoogle Mapsアイコンを使用します。 Methods Method Description openInfoWindow(htmlElem) Opens an info window with the given HTML content over this marker. htmlElem should be an HTML DOM element. HTML DOMが要素であったなら. このマーカーhtmlElemの上で与えられたHTML内容でインフォメーションウィンドウを開けます。 openInfoWindowHtml(htmlStr) Like openInfoWindow, but takes an HTML string rather than an HTML DOM element openInfoWindowが好きですが、HTML DOM要素よりむしろHTMLストリングを取ります。 openInfoWindowXslt(xmlElem, xsltUri) Like openInfoWindow, but takes an XML element and the URI of an XSLT document to produce the content of the info window. The first time a URI is given, it is downloaded with GXmlHttp and subsequently cached. openInfoWindowが好きですが、 インフォメーションウィンドウの内容を作り出すためにXML要素とXSLTドキュメントのURIを取ります。 URIが初めて与えられるとき、それをGXmlHttpと共にダウンロードして、次に、キャッシュします。 showMapBlowup(zoomLevel?, mapType?) Shows a blowup of the map over this marker. We use a default zoom level of 1 and the current map type if the zoomLevel and mapType parameters are not given. このマーカーの上に地図の爆発を示します。 zoomLevelとmapTypeパラメタを与えないなら、私たちは1のデフォルトズームレベルと現在の地図タイプを使用します。 Events Event Arguments Description click none Triggered when the user clicks on this marker ユーザがこのマーカーをクリックすると、引き起こされます。 infowindowopen none Triggered when the info window is opened above this marker with one of the methods above 方法の1つが上でインフォメーションウィンドウがこのマーカーを超えて開けられるとき、引き起こされます。 infowindowclose none Triggered when the info window above this marker is closed このマーカーの上のインフォメーションウィンドウが閉じられるとき、引き起こされます。 ---------- GPolyline A polyline represents a vector polyline overlay on the map. A polyline is drawn with the vector drawing facilities of the browser if they are available or an image overlay from Google servers otherwise. polylineは地図の上にベクトルpolylineオーバレイを表します。 polylineは別の方法でそれらが利用可能であるならブラウザの施設を描くベクトルかイメージオーバレイで Googleサーバから引き出されます。 Constructor Constructor Description GPolyline(points, color?, weight?, opacity?) Constructs a polyline from the given array of lat/lng points. color should be a hex HTML color (e.g., "#0000ff"), weight is an integer representing the width of the line in pixels, and opacity should be a float between 0 and 1. 「lat/lngポイント色の勢ぞろいが十六進法HTML色であるべきであるという当然のことからpolylineを組み立てる、 (」 例えば、#0000ff、」、)、重さは画素の線の幅を表す整数であり、不透明は0と1の間の浮遊物であるべきです。 (私見:透明or不透明の選択可能っぽい。効果は自分で確認するしかないか・・・) ---------- GIcon An icon specifies the images used to display a marker on the map. For browser compatibility reasons, specifying an icon is actually quite complex. See the discussion above for more information. アイコンは地図の上にマーカーを表示するのに使用されるイメージを指定します。 ブラウザ互換性理由で、アイコンを指定するのは実際にかなり複雑です。 詳しい情報において、議論が上であることを見てください。 At a minimum, you must specify the image, shadowImage, iconSize, shadowSize, and iconAnchor properties of an icon before it can be displayed on the map. If you use info windows, you must also specify the infoWindowAnchor property of the icon. 最小限では、地図の上にそれを表示することができる前にあなたは アイコンのイメージ、shadowImage、iconSize、shadowSize、およびiconAnchorの特性を指定しなければなりません。 また、インフォメーションウィンドウを使用するなら、 あなたはアイコンのinfoWindowAnchorの特性を指定しなければなりません。 Constructor Constructor Description GIcon(copy?) Creates a new icon, copying the properties of the given icon if given. 考えて、与えられたアイコンの特性をコピーして、新しいアイコンを作成します。 Properties Property Description image The foreground image URL of the icon アイコンのフォアグラウンド画像URL shadow The shadow image URL of the icon アイコンの影のイメージURL iconSize The pixel size of the foreground image of the icon アイコンに関するフォアグラウンド画像の画素サイズ shadowSize The pixel size of the shadow image 影のイメージの画素サイズ iconAnchor The pixel coordinate relative to the top left corner of the icon image at which we should anchor this icon to the map 私たちがこのアイコンを地図に据えつけるべきであるアイコンイメージの左上角に比例した画素座標 infoWindowAnchor The pixel coordinate relative to the top left corner of the icon image at which we should anchor the info window to this icon 私たちがインフォメーションウィンドウをこのアイコンに据えつけるべきであるアイコンイメージの左上角に比例した画素座標 printImage The URL of the foreground icon image we should use for printed maps. It should be the same size as the main icon image. 私たちが印刷された地図に使用するべきであるフォアグランドアイコンイメージのURL。 それは主なアイコンイメージと同じサイズであるべきです。 mozPrintImage The URL of the foreground icon image we should use for printed maps in Firefox/Mozilla. It should be the same size as the main icon image. 私たちがファイヤーフォックス/Mozillaの印刷された地図に使用するべきであるフォアグランドアイコンイメージのURL。 それは主なアイコンイメージと同じサイズであるべきです。 printShadow The URL of the shadow image we should use for printed maps. It should be a GIF image since most browsers cannot print PNG images. 私たちが印刷された地図に使用するべきである影のイメージのURL。 ほとんどのブラウザがPNGイメージを印刷することができないので、それはGIFイメージであるべきです。 transparent The URL of a virtually transparent version of the foreground icon image used to capture IE click events. This image should be a 24-bit PNG version of the main icon image with 1% opacity, but the same shape and size as the main icon. フォアグランドアイコンイメージの実際には見え透いたバージョンのURLは以前はよくIEクリック出来事を捕らえていました。 このイメージは主なアイコンとしての1%の不透明にもかかわらず、 同じ形とサイズがある主なアイコンイメージの24ビットのPNGバージョンであるべきです。 imageMap An array of integers representing the x/y coordinates of the image map we should use to specify the clickable part of the icon image in non-IE browsers. 指定するために私たちが使用するべきであるイメージマップの x/y座標を表す整数の非IEブラウザのアイコンイメージのクリック可能な部分の勢ぞろい。 ---------- GEvent All event registration and triggering is handled by the GEvent class. All methods in the GEvent class are static methods, e.g., you should call the methods like GEvent.bind(...) rather than (new Event()).bind(...). すべてのイベント登録と引き金となることはGEventのクラスによって扱われます。 GEventのクラスにおけるすべてのメソッドが静的なメソッドである、 例えば、あなたがGEvent.bind(…)のようにむしろメソッドを呼ぶべきである、(新しいEvent()).bind(…)。 Static Methods Method Description addListener(source, eventName, listenerFn) Calls the given listenerFn function when the given event is triggered on the given source instance. We return an opaque listener token that can be used with removeListener. 与えられた出来事が与えられたソース例で引き起こされるとき、与えられたlistenerFn機能を呼びます。 私たちはremoveListenerと共に使用することができる不透明なリスナー象徴を返します。 removeListener(listener) Removes the given listener, which should be a listener returned by addListener 与えられたリスナーを外します。 (そのリスナーは、addListenerによって返されたリスナーであるべきです)。 clearListeners(source, eventName) Removes all listeners for the given event on the given source 与えられたソースにおける与えられた出来事のためにすべてのリスナーを外します。 trigger(source, eventName, args...) Triggers the given event on the given source with the given list of arguments 与えられたソースの上で議論の与えられたリストで与えられた出来事の引き金となります。 bind(source, eventName, object, method) Binds the given method of the given object to the given source event. When the given event is triggered, the given method is called with object as the this, e.g., GEvent.bind(map, "move", this, this.onMapMove) 与えられたソースイベントに与えられたオブジェクトの与えられたメソッドを縛ります。 いつとして与えられたイベントが引き起こされて、与えられたメソッドがオブジェクトで呼ばれるか、 この、例えば、GEvent.bind(map, "move", this, this.onMapMove) ---------- GXmlHttp The GXmlHttp class exports a factory method to create cross-browser XmlHttpRequest instances. GXmlHttpのクラスは交差しているブラウザXmlHttpRequestインスタンスを作成する工場のメソッドをエクスポートします。 Static Methods Method Description create() Factory method to construct a new XmlHttpRequest instance 新しいXmlHttpRequestインスタンスを構成する工場のメソッド ---------- GXml The GXml class provides a static method to parse a string of XML. The parser should work on any browser, though it falls back on a JavaScript XML parser by default if there is no native parser in the web browser. This can be quite slow depending on the browser's JavaScript implementation. GXmlのクラスはXMLのストリングを分析する静的なメソッドを提供します。 パーサはどんなブラウザにも取り組むはずです、ウェブブラウザにどんなネイティブのパーサもなければ、 デフォルトでJavaScript XMLパーサの上に後ろへ下がりますが。 ブラウザのJavaScript実装によって、これは全く遅い場合があります。 Static Methods Method Description parse(xmlStr) Parses the given string of XML, returning the XML DOM XML DOMを返して、XMLの与えられたストリングを分析します。 value(xmlNode) Returns the textual content in the given XML element or node. Useful to pull out the text nodes inside of an XML element. 与えられたXML要素かノードの原文の内容を返します。 XML要素のテキストノード内部を引き抜くために、役に立ちます。 ---------- GXslt The GXslt class provides factory methods to apply XSLT to XML in a brower-independent way. The class should work on any browser, though it falls back on a JavaScript XSLT implementation by default if there is no native XSLT processor in the web browser. This can be quite slow depending on the browser's JavaScript implementation. GXsltのクラスはbrowerから独立している方法でXSLTをXMLに適用する工場のメソッドを提供します。 クラスはどんなブラウザにも取り組むべきです、ウェブブラウザにどんなネイティブのXSLTプロセッサもなければ、 デフォルトでJavaScript XSLT実装に後ろへ下がりますが。 ブラウザのJavaScript実装によって、これは全く遅い場合があります。 Static Methods Method Description create(xsltXmlDoc) Returns an GXslt instance from the given XML DOM, which should be an XSLT document 与えられたXML DOMからGXsltインスタンスを返します。(XML DOMはXSLTドキュメントであるべきです)。 Methods Method Description transformToHtml(xmlDoc, htmlContainer) Transforms the given XML document using this XSLT, placing the resulting HTML in the given HTML DOM element container 結果として起こるHTMLを与えられたHTML DOM要素コンテナに置いて、 このXSLTを使用することで与えられたXMLドキュメントを変えます。 ---------- GPoint A GPoint represents a single, 2-dimensional coordinate. If a GPoint represents a lat/lng, x is the longitude, and y is the latitude in decimal notation. GPointは単一の、そして、2次元の座標を表します。 GPointがlat/lngを表すなら、xは経度です、そして、10進法でyは緯度です。 Constructor Constructor Description GPoint(x, y) Creates a new point with the given coordinate values 与えられた座標値で新しいポイントを作成します。 Properties Property Description x The x (or horizontal) coordinate of the point ポイントのx(または、水平面)座標 y The y (or vertical) coordinate of the point ポイントのyの、そして、(垂直)の座標 ---------- GSize GSize represents a 2-dimensional size measurement. If a GSize represents a lat/lng span, width is to the number longitude degrees, and y is the number of latitude degrees. GSizeは2次元のサイズ測定を表します。 GSizeがlat/lngの長さを表すなら、数の経度程度には幅があります、そして、yは緯度度の数です。 Constructor Constructor Description GSize(width, height) Creates a new size with the given measurement values 与えられた測定値に従った新しいサイズを作成します。 Properties Property Description width The width measurement 幅の測定 height The height measurement 高さの測定 ---------- GBounds GBounds represents a 2-dimensional bounding box. If the GBounds is in the lat/lng coordinate system, the X coordinates represent longitude, and the Y coordinates represent latitude. If the lat/lng bounds crosses the international date line, the "minimum" coordinates refer to the top left coordinates rather than the mathematical minmum of the two coordinates. GBoundsは2次元の制限箱を表します。 GBoundsがlat/lng座標系にあるなら、X座標は経度を表します、そして、Y座標は緯度を表します。 lat/lng領域十字国際日付変更線、「最小限」であるなら、座標は2つの座標の数学のminmumよりむしろ左上座標を示します。 Constructor Constructor Description GBounds(minX, minY, maxX, maxY) Creates a new bounds with the given coordinates 与えられた座標で新しい領域を作成します。 Properties Property Description minX The X coordinate of the top left corner of the bounds 領域の左上角のX座標 minY The Y coordinate of the top left corner of the bounds 領域の左上角のY座標 maxX The X coordinate of the bottom right corner of the bounds 領域の下部の右隅のX座標 maxY The Y coordinate of the bottom right corner of the bounds 領域の下部の右隅のY座標 c2005 Google - Google Home - About Google - Google Maps