ご挨拶骨で滑ろう。

ようこそスキーの自然館へおいでくだいただきありがとうございます。
当ページは、広島県の恐羅漢スノーパーク(旧おそらかんスキー場)を
中心とした館長の独りよがり情報をお届けしています。
お気に召しましたならばトップページを「お気に入り」に登録していただきまして、
鮎の自然館ともどもよろしくお願いいたします。

自己紹介です。



氏素性 佐々木 敏彦(ササキ トシヒコ)
1954年 広島県安芸太田町生まれ 乙女座 血液O型 であります。
スキー歴 ご幼少のころは冬となれば当然遊ぶものもなし。自然と雪と戯れておりました。もちろんそのころは今のようなスキーは何ぞはありません、親父に作ってもらったソリや竹スキーを楽しんでおりました。
若いころはもっぱらレジャースキーでしたが、30代の後半から基礎スキー(今では死語になりましたが。)に目覚め、エエ歳こいて「まだまだスキーがうまくなりたい。」と切に思っている全くの困りモンであります。
身分・資格 元SAJ指導員。2006シーズンからはフリーで活動してます。
曰く「資格なんかなくてもそのキャラで充分」というわけの分からない評価をいただいております。
モットー しかめっ面して頑張るスキーは好きじゃありません。スキー技術は楽しむための手段です。
「楽しさ一番、雪質とわず、斜面をいとわず。」どんな状況でも楽しく滑れるようになりたいと思っております。
お断わり 2015年6月、劇症型心筋炎を患い、その後再発すること4回、現在療養中のためスキー活動はしておりません。

自然館 代表 佐々木敏彦
電話 082-872-7032
携帯電話 090-8240-7568