ぶっかけフェア

nebaon1.jpg ねばとろ温玉ぶっかけ2:納豆昆布が加わり、オクラ、とろろ芋、温泉卵。
まずは、温ったかいので、食べてみるが、今1つピン来ない。 次に冷やで食べてみるが、こっちのほうが合っているようだ。

nebaon3.jpg ねばとろぶっかけ:温泉卵なし

nebatoro.jpg ねばとろ温玉ぶっかけ:オクラ、とろろ、温泉卵、鰹節の入ったネバネバのぶっかけうどん。
mentoro.jpg 明太とろろぶっかけ:以前はメニューに無かったので、自宅から持って行った明太子をとろろぶっかけに入れて食べた事があった。
gyutoro.jpg 牛とろぶっかけ:とろろには刻み海苔がかけてある。
gyuoroshi.jpg 牛肉おろしぶっかけ:おろしぶっかけに、トッピングで牛肉を入れたものと同じ。
nikuontama.jpg 牛肉温玉ぶっかけ:これまでもあったメニュー。
ontama.jpg 温玉ぶっかけ:ワカメは無料。
oroshi.jpg おろしぶっかけ:ぶっかけにレモンは合う。
bukkake19.jpg ぶっかけ:トッピングの無いぶっかけはメニューに無いが、注文するとかけを同じ料金で食べられる。

yakinasu2.jpg 焼き茄子ぶっかけ:焼き茄子は、年代別や地域によって好き嫌いが別れるようだが、私は茄子にレモンをしっかりかけて食べるのが好きだ。
hiyajiru1.jpg 冷だしうどん:宮崎の名物「冷や汁」のうどん版である。
オクラや根昆布などのネバネバ成分が入っている。 ミョウガなどを入れても美味しい。
普通は冷たいうどんにかけるが、温かいうどんに冷たい出汁でも美味しい。

nattoudon.jpg 納豆ぶっかけうどん:おろしぶっかけを注文し、温泉卵をトッピングで追加、それにフードコートに隣接するスーパーで買ってきた納豆を入れると、納豆ぶっかけうどんの出来上がり。 フードコートは、持ち込みOK。

讃岐うどんの部屋に戻る

百日紅2に戻る

百日紅に戻る