NABNAB放送機器展レポート


NAB南館

アメリカはHD化が遅れていたが、2009年にアナログ放送が廃止されることでHDVや半導体カメラに人気が集まっている。 DVC100MやHDカムは片隅にあるだけ。画質よりも安いほうがブースの中心。三脚など周辺機器もHDV用の新製品がたくさん出ている。

ここは南館はソニーが展示、松下は中央館だったが、スチールカメラの展示会PMA(3月8日〜11日)では松下は南館だった。

AJ-HPX1400

松下:主力はP2。AG-HPX500の2/3インチカメラがHD−SDI出力端子がついて14,000ドルで発売予定。 AG-HPX3000のカメラは倍率色収差を電気的に補正できるP2高級カメラ。 16GBのP2カードが900ドルで発売予定。50MもAVCイントラ(H.264)が中心。 HD最小の7.9インチの液晶モニターもあった。


XDカムEX

SONY:半導体を使ったHDVカメラを年末に発売する。仕様は未定。8.16,32GBのスティックメモリー4枚分?のカードも出る。


池上のブース

池上・東芝:こちらも半導体カメラとビデオスをベースにしたVTR?来年のNABまでには動くようにしたいらしい。 初日に、協業の会見を行っており、カメラなどAV機器を持たない東芝と送信機、TVマスターのない池上の組み合わせがどこまでうまくいくか。 発売形式やブランドなどは今後の課題。

マンフロット三脚

マンフロット・シ゛ッツオ:HDV用に水平がボールでとれるマンフロット701RC2+745Bのキットが397ドル。 ちょっと大きめのシ゛ッツオ503+GT3530LSBキットが279+650ドル。


アントン

アントンベイヤー:HDV用の小型グリップが出ていたが国内販売は1-2ケ月後らしい。 腕首に来る負担を腕に逃せて、空いている左手もつかえて持ち運びに負担にならないユニークな商品。


1+1/4フジノン

NHK:1080の4倍の高精度HDを見たが、画面は綺麗だが動体はブレるので今ひとつ。 35mmの映画とほぼ同じなので、映画屋さんがどう考えるか。


ベル407

ウルトラメディア:HDスタビライザーカメラが、ベル407ごと展示してある。他にヘリカメラの出展はないが、ヘリごと展示がアメリカらしい。


リーダー電子:新発売の高性能HDモニターも出ていたが、かつて大阪にいて北京勤務している営業に会えてうれしかった。

日立国際:26MHzのHFを使って16QAM、OFDMでもデジタルラジオが面白かったが、国内では無理。

衛星伝送 戦車 屋外の中継車の展示ブースには、何故か戦車の展示もあった

SONY
SONY

SONYのウェルカムパーティー

日本食だが、氷の彫刻がアメリカらしい。
松下

松下のウェルカムパーティー

イタリア料理がメイン。ドライマテニーはこっちのほうがおいしかった。

NY1見学

NY1 NY1:松下P2を使っている、ニューヨーク市内にあるCATV局を見学に行った。ソーホーの旧ナビスコ工場にあり、CNN支局のほかスペイン語放送も行っている。
P2カメラ
P2カード SDではあるが2/3インチカメラ26台、1/3インチのHPX-200を合わせると42台使っている。 P2カードは、カードスロットの数X2を取材に持って行き、24時間以内にダウンロードされ再使用に回される。

ニューヨークアラカルト

P2カード 遠くから見ると桜のように見えるNYのハナミズキ。近くによってみるとハナミズキの形をしている。広島とは季節が1ヶ月遅い。
P2カード CATVの中継車。さすがアメリカ、CATVでさえ中継に大型トレーラーを使っている。しかも、NYの6番街の有名ホテル前でだ。 このほか5番街のデパート横に大型SNG車を横付しているのも見かけた。
P2カード 五番街から1本さがったレキシントンをあるいた。25年前には10日ほど、このあたりのホテルに泊まっていたが、今はその面影も残っていなかった。

百日紅に戻る