2007年うどんツアー

2007/09/23 (日)  墓参りを済ませ、いつもより遅めの11時讃岐入り

讃岐の里 讃岐の里:坂出インターから一番近いので直行。途中で出会ったバイクツーリーングの連中もあとから入ってきた。 温いかけ小を注文し、野菜の掻揚げを入れる。麺も兆度良い固さで、出汁もちゃんとしている。


玉吉 セルフうどん 玉吉:ぶっ掛けを注文。何度か店の前を通っているはずだが、入るのは初めてだったが、ここも合格。


大木戸 さぬきうどん 大木戸:13時頃にいったら、まだ行列。てんぷら類もほとんど品切れになり、奥で揚げていた。ぶっ掛けの冷に鰹節をかけて食べる。 ここも合格。


しんせい しんせい:16時前に着いたが、すでに暖簾は引っ込んでいたが、かけの冷たいのは食べさせてくれた。 遅かったのに麺の腰は残っていて、特性の練り唐辛子がおいしかった。


久米池うどん 久米池うどん:「しんせい」のすぐ近くにあるが、やっぱりちくわも残っていない。 温いかけ小を注文したが、ボリュームがあり、食べられるかどうか心配したが、何とか完食。麺は柔らかめで、出汁もしょうゆの匂いが強めだった。

2007/09/24 (月)

松下製麺所 松下製麺所:朝飯がわりに、ホテルから歩いて行った。祝日とあって朝早くから、観光客が写真を撮っていた。 麺は固いのか柔らかいのか良く分からなかった。かけ小150円。


壱番屋 壱番屋:途中に「ちくせい」の前を通ったら、珍しく祝日に開けるために準備していた。松岡の甥の店だけあって、良く似た麺だ。 一番乗りで、かけ小150円。なんと学割がきくらしい。


馬渕製麺所 馬渕製麺所:一番乗りで、すこし待ってとかけ小を注文。あげたてのちく天がおいしかった。


穴吹製麺所 穴吹製麺所:馬渕製麺所のちかくなので寄ってみたが、噂どおりぷよぷよで私には合わなかった。 冷たいかけ小100円。カーナビがなかったら、一人では探せなかったろう。


池上製麺所 池上製麺所:11時頃、移転した新店舗に寄ってみたが、ばあちゃんは入院しているのに、ものすごい行列なので、土産用を1箱買ってそうそうに退散した。


橙家 橙家:腹ごなしを兼ねて、少し遠いが足を延ばした。道久と同じ道だが、カーナビの指示に従うと宮武とオハラの脇を通った。 一般店なのでしょうがないが、ぶっ掛け330円は高い気がする。麺の固さは私好みだった。

2007年6月2日4:00広島発で香川へ

上杉食品 上杉食品:朝6時に着いたが、すでに開店している。麺の腰は強い、かけうどん 小150円


宮川製麺所 宮川製麺所:開店時間の1時間前にもかかわらず、すでに1人待っていたが、すぐに食べさせてくれ、ぶっかけ1杯おまけまでしてくれた。


道久製麺所 道久製麺所:麺の腰がものすごく強く、あの須崎も負けます。場所も住宅地のなかにひっそりとあり、見つけるのが困難な上に、 麺しか売ってくれないので、丼、箸、出汁、薬味も持参するという、まさに讃岐ナンバー1のデープな店です。麺は65円、たぶん讃岐1安い。


橋村生麺所 橋村生麺所:時間通りに開店。あげたてのちくわ天がおいしい


上原製麺所 上原製麺所:上原米穀店の路地の奥という見つけにくい場所で、車だとまず発見できないでしょう。

麺は少し伸びていたかもしれないが、かえってちょうど良いかも。

一屋 一屋:9時すぎだったのでやや麺が伸びかけていたが、それでもおいしかった。きつね220円 。


めりけんや めりけんや かけはし店:9時半、入り口がわかりにくい。かけがおいしかったが、JRグループとは知らなかった。


丸亀の中村 開店直後の行列 丸亀の中村:9時50分開店、釜玉。飯山店と同じくおいしかった。開店直後にはもう列ができていた。


麦畑 はゆか はゆか:麦畑の中にあるロケーションが最高。ぶっかけは熱い、冷たい、出汁は濃い、薄いが選べる。冷たいぶっかけを食べる。


SHIRAKAWA SHIRAKAWA:雨風にさらされ看板が消えかかっている。久々の一般店。えびちくがおいしかったらしいが、お腹一杯だったのでかけしかたべれなかったのが残念。


讃岐うどんの部屋に戻る

百日紅2に戻る

百日紅に戻る