ヨットの部屋

5代目のBLUE SKY YAMAHA Y-26ⅡEX 26ft  定員10 人
ブルースカイ6代目 処女航海 ジブ

瀬戸内海横断ヨットレース 2004/5/23 50周年を迎えた瀬戸内海横断ヨットレースに参加した。
実は、20年以上前からヨット部員であったが、1度もヨットに乗った事が無かったがついに経験した。
レースの成績はトップから44分遅れのクラス4位(最下位)だったが、1日潮風を楽しんだ。
自動車ラリーと違って、風に身をまかせる分、のんびりしている。

2005  3度目のレースは24/28位 最下位脱出。

08/5/25  瀬戸内海横断ヨットレースは15艇中9位でゴールしたが、ハンディ補正の結果12位。
同じ艇は3つあったが1つは振りきった。

2009/07/19 バルコムCUP  35艇中、11着の修正順位17位。クルー6名で参加。

bluesky.jpg 2012/9/23 ブルーウォーターヨットレース:暑くも寒くもなく、日焼けするほどの快晴でもなく、風もまずまず。
観音沖と五日市沖のブイを2往復するコースで、スピンを張るとハンディが上げるにので、同クラスで使用したのは1艇のみ。
なぜか、タックする時にジブのロープがひっかかるケースが多く、満足なレースとはいかなかったが、所要時間1:17:50でゴール。
トップでゴールした艇とは約15分遅れだったが、着順も順位も10艇中6位。

2015/9/20 快晴、風有り:ブルーウォーターB クラス(オープンクラス)に2人で参加。
エアーフェンダーを落下させるなど準備に手間取るが、まずまずのスタートだったが、徐々に大型艇に抜かれる。
往路は追い風だったが、スピーネーカーは張らないので我慢の走行。復路は、風を受けて結構上っていく。
廿日市沖を2往復するコースだったが、最後に安芸11世に抜かれて8番目にゴール。
いつものビリから3番目の定位置だと思っていたら、ハンディ修正後4位で、重い賞品も貰いました。
タックも悪くなかったし、ゴールもギリギリ直線コースで入れたのが、好成績につながったのかも。
マストトップにある風向計が故障していて、風を読むのが難しく、一度無駄な方向転換をしたけど、それがなかったら豪華なバルコム艇を抜いて3位も夢じゃなかったかな?
でも距離はそうとう離されていたので、競っているとは思ってもみなかったけど。

先代の BLUE SKY Ⅴ  ヤマハY-31S
BLUE SKY Ⅴ BLUE SKY Ⅴ BLUE SKY Ⅴ


百日紅に戻る